music(ミュージック)班

ミュージック班では、班のメンバーが決めたテーマに沿った音楽を制作しています。
今年のテーマは「架空の街」。
テーマにそった音楽の制作だけではなく、CDやそのジャケットもデザインし制作します。

作品一覧

ようこそ、勇者様

制作者:児玉 梓月 (1回生)

詳細

「架空の街」ということで、古き良きRPGをイメージしました。まだまだラスボスからは程遠い、平和な街です。

宇宙エレベーターの小さな夜景

制作者:西村 慎吾 (1回生)

詳細

昔からゲームのBGMが好きで、今回初めて作曲に挑戦しました。某STGのBGMの影響を受けているせいか、ところどころ聞き覚えのあるフレーズがあると感じる方もいるかもしれません。お許しください。 今年のテーマが「架空の街」ということで、無機質で薄暗い街感を出そうとしましたが、少しずれたので、街要素のうっすい曲になっちゃいました。お聴きになる際は、セルフでイメージを作りながら聴いてください(笑)。

モノクロの街

制作者:矢野 海斗 (1回生)

詳細

初めての楽曲制作です。知識も何もない状態からのスタートなので、温かい目で見ていただけると幸いです。見知らぬ土地でにわか雨に当たり、雨宿りできそうな場所を探しているうちに街を見つけた。街は手入れが行き届いており、荒廃した様子はない。今日は、寒さに震える心配はなさそうだと安堵する一方で、人気が全くないことに気づき、わずかな不信感を抱く。しかし、他に休める場所もないので街に入っていく、という世界観で作りました。

海より高く

制作者:奥村 雅人 (2回生)

詳細

我々が深海に何があるのかわからないみたいに、深海の住人たちも地上に何があるのか、と思いを寄せているでしょう。そもそも地上なんてあるのか、まだ見たこともないわけですが。哀愁あるサウンドを目指しました。

phantom in the city

制作者:増本 悠介 (2回生)

詳細

ミュージック班として曲を作るのは初めてになります。今回は好きな街とは全く関係のない感じではありますが、「怪盗が現れた街」をモチーフに制作を行いました。(最近お気に入りのゲームの影響が強いです。)使用した楽器はピアノとドラム、申し訳程度のベース音のみで、全体的にシンプルな音の曲に仕上がったと思います。途中に4拍子から外した変なリズムを差し込んでみたりなど、自分なりの工夫をいろいろ織り込んでみましたので是非聞いてみてください。

帰ってきた、始まりの街

制作者:松浦 充信 (2回生)

詳細

はじめは「田舎に住んでいた冒険者が期待に胸を膨らませながら初めて大きな街にやってきた」をイメージしていたのに、徐々にイメージと違う感じに……どうしてこうなった。最終的には「冒険に行った帰り、ようやく懐かしのホームタウンに帰ってきた」のイメージに。ファンタジーにすることは最初から決まっていた気がします。

なにか駅メロのようなもの。

制作者:岡田 実生 (3回生)

詳細

妹:なんかこの曲駅メロっぽい。 私:じゃあ駅メロってことにする。

放浪奏者のノスタルジー

制作者:柿花 敦志 (3回生)

詳細

世界中を旅するギター奏者が荒れ果て、緑に侵食されていく町の過去を空想して弾いたというイメージで作曲しました。

雲の上

制作者:川本 歩実 (3回生)

詳細

テーマが「架空の街」ということで最初に思い浮かんだのは空中都市と呼ばれるマチュピチュです。現在は遺跡として存在していますが、もしそのような雲の上にある街が存在していたら……そんなことを想像しながら曲を作りました。

Mont Saint-Michel

制作者:三澤 健 (3回生)

詳細

夜のお城、城下町をイメージして作りました。煌びやかな雰囲気を感じ取っていただければ幸いです。

氷塊都市 -sacred crevasse-

制作者:若林 凌 (3回生)

詳細

辺境の土地はいつだって人の心を掴んで止まないものです。人によって惹かれる情景は数多くありますが、自分の場合は自然との融合を果たした人が営む都市背景に憧れを抱かずにはいられません。 ただし実際に住む場合と思うと今の便利さを手放せないのでファンタジー内の観光で満足してしまうのでした。

透明の町、散策

制作者:内田 滉希 (4回生)

詳細

4回生にして始めてMUSIC班に入りました。はじめたときは右も左も分からず、曲作りに苦労しました。人がいない不思議な(透明)町を散策するという設定です。場面は3つあり、教会→酒場→古い洋館を順に通り抜けるイメージとなっております。とても他の班員のクオリティには及びませんが、もし興味がおありでしたら、聞いていただければ幸いです。

マスター、いつもの。

制作者:谷上 直紀 (4回生)

詳細

作風を広げたくて、自分が苦手とする「お洒落」を目指してみた曲。ジャズっぽい何かになっています。 街にある洒落たBarで流れてそうなBGMをイメージしました。そういう場所には行かないので、完全に空想の世界なんですが(笑) ゆっくり楽しんでいただければ幸いです!

シンデレラパッセージ ~ touryanse!!

制作者:中筋 隼都 (院2回生)

詳細

曲名は「天神様の通り道 ~ Narrow Road」との二択で迷いましたが、よりモチーフに近い方にしました。 何の曲をモチーフにしたかは、聞く人が聞けばすぐに分かりますね。すぐに分かる出来映えであって欲しい。今年のテーマは「架空の街」ですが、この曲はどこか陽気で、どこか不気味な、現代から忘れ去られた、幻想的な日本の街、そんなイメージです。 どこかで聞いたことのある気がする設定ですが、おそらく気のせいではないです(ぇ 過去最高に難産だった曲で、のたうち回りながら三回ほど作り直しました。 至らぬところも多いかと思いますが、少しでも「それっぽさ」を感じて頂ければ、幸いこの上なしです。

空飛ぶ少女の集う町 ~ Ancient eastern wind

制作者:奈須 日向太 (4回生)

詳細

今年の目標どおりを目指した結果がこれです。ぽさを追求して振り切りました。ただ、作曲からちょっと遠ざかってたこともあり途中で迷走して方針がぶれてます。ピークはイントロです(迫真)。曲のイメージとしては自然と古風な家並みが混在する街の上空を飛び去っていく感じです。所謂ステージテーマを目指してます。ループ仕様。